マウスピース矯正ができない歯並びとは?対処法や他の矯正方法を徹底解説

公開日: 2024/01/11

更新日: 2024/01/11

マウスピース矯正できない歯並びアイキャッチ画像 「マウスピース矯正に興味はあるけど、自分の歯並びやライフスタイルに適しているか不安」そんなお悩みはありませんか?
この記事では、マウスピース矯正が適していない歯並びの具体例と、治療ができない人の特徴について詳しく解説しています。
マウスピース矯正を検討しているが、自分に合っているかどうか心配な方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

マウスピース矯正のメリットや人気の理由を紹介

マウスピースの画像 マウスピース矯正は透明で目立ちにくく、痛みが少ないことが大きなメリットです。

マウスピース矯正は従来のワイヤー矯正とは異なり、日常生活における違和感を大幅に軽減できる1)治療法として人気が高く、見た目を気にする方にとって大きな魅力です。

また、痛みが少ないため矯正治療への抵抗感を減らすことができます。

こういったメリットが、マウスピース矯正が人気な大きな理由です。

無料カウンセリングを予約する

マウスピース矯正ができない歯並びの具体例と対策

×を示す女性

抜歯が必要な歯が多い場合

抜歯によってできた大きな隙間を埋めるためには、歯を大きく移動する必要がありますが、マウスピース矯正ではこのような歯の動かし方は難しいです。

抜歯をした上でマウスピース矯正を行うことももちろん可能ですが、治療に時間がかかる可能性があります。

【対策】ワイヤー矯正やハイブリット矯正

複数本の抜歯が必要な際には、ワイヤー矯正が推奨されます。
ワイヤー矯正は歯を根元から移動させることが得意で、抜歯でできた大きなスペースを埋めることができます

もし、マウスピース矯正を希望する場合には「ハイブリット矯正」を行いましょう。 マウスピース矯正で悪くなった嚙み合わせ マウスピース矯正で悪くなった嚙み合わせのリカバリー治療 画像出典元:公益社団法人日本臨床矯正歯科医会

ハイブリット矯正はワイヤー矯正とマウスピース矯正を併用して行う矯正方法です。マウスピース矯正の苦手な動きをワイヤー矯正で補う場合にも使用されます

ワイヤー矯正で大きく歯を動かせる上に、治療期間の大半をマウスピースで過ごせるため、見た目の心配が少ないというメリットがあります。

重度の歯周病がある場合

歯周病が進むと、歯と歯茎の境目にある歯周ポケットが深くなり、その結果、歯を固定している歯槽骨が徐々に破壊されていきます。

重度の歯周病では、歯を安定して動かすことが困難であり、歯が動いたとしても歯周病が悪化し、最終的に歯が抜け落ちる可能性があるので、マウスピース矯正はもちろん、他の歯科矯正もできない場合があります

【対策】歯周病治療やセラミック矯正

歯科矯正を行う前に、まずはスケーリングやルートプレーニング(歯石取り)などの歯周病治療によって症状の改善を試みる必要があります。
歯科医院で専門的な処置を受けるとともに、自宅でのケアを心がけましょう。

治療しても歯周病の改善が見られないなら、歯を動かす矯正治療はできません。その場合、セラミック治療で歯並びを整えることが可能なケースもありますので、歯科医院に相談してみましょう。

多くのインプラントが入っている場合

インプラントとは、歯を失ったときにあごの骨に埋め込む人工の歯根です。

インプラントは天然の歯と異なり、歯根膜がなく顎の骨と直接結合しているため、歯科矯正で動かすことができません

複数のインプラントがある場合、歯科矯正の選択肢が限られます。

しかし、他の歯を移動するための支えとしてインプラントを使用できるので、歯並びによっては通常よりも簡単に矯正治療できる場合があります。

また差し歯の場合ワイヤー矯正はできませんが、マウスピース矯正なら矯正可能な場合があります。

重度の出っ歯や受け口など骨格に問題がある場合

骨格のズレが原因の歯並びは単に歯を動かすだけのマウスピース矯正では解決できないことがあります。

【対策】外科手術

重度の出っ歯や受け口の場合、あごの骨を切る外科手術とワイヤー矯正を併用することが一般的です。
外科手術はあごの骨格を正しい位置に調整するために行われ、その後ワイヤー矯正によって歯並びを整えます。

外科手術は顎変形症と診断された場合に行われることが多く、健康保険が適用されることもあります。

埋伏歯まいふくしがある場合

埋伏歯まいふくしとは、歯茎の中に隠れて出てこない歯のことです。 通常、乳歯が抜けた後に永久歯が生えてくるのですが、埋伏歯は何らかの理由で歯茎の中にとどまってしまいます。

実はすきっ歯の原因がこの隠れた埋伏歯の場合があります。 過剰歯の埋伏

このように、埋伏歯が歯の移動を妨げている場合、埋伏歯の抜歯が必要です。

【対策】ワイヤー矯正での埋伏歯の牽引けんいん

埋伏歯が不要な場合は、抜歯することでマウスピース矯正可能となります。
しかし、埋伏歯を抜歯するのではなく、歯並びに利用するには、ワイヤーで引き出すしか方法がありません。
無料カウンセリングを予約する

マウスピース矯正が向いていない人の特徴

マウスピースを装着しようとする人 マウスピース矯正は自己管理が非常に重要な矯正方法です。したがって、自己管理が苦手な人には、向いていない矯正方法となります。

①子供

子供の場合、矯正治療に対するやる気が不十分であることが多く、マウスピース矯正に必要な装着時間が取れない可能性があります。

また、マウスピースは1日20時間以上の装着が必須であり、装着や取り外しの際も自己管理が重要です。子供の生活で装着時間を確保できるかを確認する必要があります。

特に、親が矯正を望んでいるが子供自身は乗り気でない場合、マウスピース矯正は効果的ではありません

このような場合は取り外し可能なマウスピースよりも、取り外しのできないワイヤー矯正の方が効果的な場合があります。

②間食が多い人

飲食時にはマウスピースを外す必要があるため、頻繁に間食をする人は十分な装着時間を確保することが難しいです。

頻繁な取り外しにより矯正効果が不十分になるリスクがあり、治療の進行に影響を及ぼすだけでなく、矯正治療自体を中断する原因にもなり得ます。

したがって間食を頻繁にする習慣がある人は、マウスピース矯正よりも他の矯正方法を検討することが望ましいでしょう。

③仕事上話すことが多い方

マウスピース矯正は装着している間、サ行・ザ行の発音に影響を与えます2)

とくにアナウンサーや講師など、仕事で正確な発音やハキハキとした話し方が求められる職業の方にとっては、マウスピース矯正が適していないと考えられます。

短時間であれば仕事中にマウスピースを外して対応することも可能ですが、仕事柄喋る時間が長時間の場合は他の矯正方法を検討しましょう。

無料カウンセリングを予約する

まとめ

今回はマウスピース矯正に適していない歯並びや人の特徴についてご紹介してきました。マウスピース矯正は多くのメリットを持つ一方で、すべての人に適した方法ではありません。
マウスピース矯正を検討する際には、ライフスタイルや職業、矯正治療への意欲などを考慮して、自分に合った矯正方法を選択しましょう。

無料カウンセリングを予約する

スマイルモア矯正
開始までの流れ

Process

  • 相談日を予約する(3分)

    少しでも「歯並びを整えたい」と思ったら、ぜひ気軽にご相談ください。

  • 最寄りの医院でお口を詳しくチェック

    詳しい診断のために、最寄りの提携医院で、いろいろな検査をします。

  • 歯科医師が詳細を説明

    歯科医師が、治療後にどんな歯並びになるかや費用の詳細を説明します。気になることがあれば何でも質問できます。

  • スマイルモア矯正を始めるか判断

    スマイルモア矯正を始める場合は、お申込用紙にご記入いただきます。一旦、お家に持ち帰って検討してももちろんOKです。

  • クリニックか自宅でマウスピースを
    受け取り矯正開始

    あなただけのマウスピース装置を製作し、お渡しします。

今はまだ矯正を始めるか決めてないという方でも大歓迎です!
「理想の歯並び」に医師がしっかりサポート。
カンタン60秒で予約できます!
カウンセリングだけでもOK!
無料で今すぐ予約

ご相談はお気軽に

LINEで簡単に相談する

LINE無料相談する
マウスピース矯正のリスクや副作用