Q&A
よくあるご質問

マウスピース矯正で咬み合わせ(噛み合わせ)が悪くなることってありますか?

スマイルモア矯正は咬み合わせも重視しており、必要に応じて奥歯の位置も調整します。見た目の改善のみを目指し、咬み合わせを考慮しないことはありません。

それでも、咬み合わせに問題が発生する可能性は否定できません。マウスピース矯正による咬み合わせに関する問題の原因は主に以下の2つです。

①移動途中の歯がぶつかって噛めなくなる
スマイルモアに限らず、ワイヤー矯正などすべての矯正歯科治療で起こる一時的な咬み合わせの悪化です。治療が進むことで解決されます。

② マウスピースの厚みによって、臼歯(奥歯)の圧下(沈み込み)が起こる
特に歯ぎしりや食いしばりが強い方に起こりやすいです。マウスピースの厚みによって、奥歯が沈み込んで咬みにくくなることがあります。
マウスピース矯正特有の現象ですが、スマイルモアに限らず、すべてのマウスピース矯正で発生します。
この場合、マウスピースの厚みを調整したり、マウスピースの一部を切り落としたりなどの調整をおこないます。

ご相談はお気軽に

LINEで簡単に相談する

LINE無料相談する
マウスピース矯正のリスクや副作用