マウスピース矯正は痛い?|原因と対処法・NG行為を解説

公開日: 2024/01/11

更新日: 2024/01/11

マウスピース矯正痛み アイキャッチ画像 マウスピース矯正をしようとしている人が、痛みに対して不安を抱えているのは自然なことです。
この記事では、マウスピース矯正中の痛みの原因と、その痛みを和らげるための具体的な対処法を丁寧に解説しています。
矯正治療を快適に進めるための実用的なアドバイスが満載です。 この情報を活用して、安心して矯正をスタートしましょう。

マウスピース矯正は外した後に痛い?原因は?

マウスピース矯正の痛みの原因 一般的に、マウスピース矯正はワイヤー矯正よりも痛みが少ないとされています1)

本項目では、マウスピース矯正によって生じる可能性のあるさまざまな痛みの種類について、その原因と対処方法について解説していきます。
痛みに対する不安を解消し、安心してマウスピース矯正に臨みましょう。

【1】歯の移動に伴う痛み

マウスピース矯正では、マウスピースを使って歯を少しずつ理想の位置に移動するため、 矯正力によって、歯の周囲の骨が変化し、痛みや違和感を引き起こします

特に、新しいマウスピースに交換した時は、歯の動きが活発になり、痛みを感じやすくなります。

矯正治療の歯の移動に伴う痛みは、マウスピースを装着してから2〜3日以内に落ち着きます。 痛みが長引く場合は、何か別の問題があるかもしれないので、歯科医師に相談しましょう。

【2】口内炎ができてしまっている

口内炎ができると、食事をする時に痛みを感じたり、話す時に不快感があったりします。
通常の口内炎は1週間程度で自然に治りますが、マウスピースの縁が原因の口内炎は、マウスピースを調整しないと治りません

【3】マウスピースの縁が当たっている

マウスピースのふちが歯茎頬の内側に触れることで、口内炎が生じることがあります。

いつも同じ場所に痛みがあったり、口内炎がなかなか治らなかったりする場合はマウスピースが原因かもしれません。

この場合はマウスピースの調整が必要です。マウスピースの縁を削り、丸みをつけることで和らげることができます。

ただし、削りすぎるとマウスピースが変形したり、矯正効果が弱まったりする可能性があるので、自分での調整は避けましょう

【4】歯が動ききっていない

装着時間が不足していると理想的な歯の動きにならず、次のマウスピースを装着した際にズレが生じます。その結果、歯とマウスピースの間に生じるズレによって強い痛みを感じてしまう可能性があります。

多少のズレであれば、痛みは数日でおさまり問題なく矯正治療を継続できます。しかし、ズレが大きい場合、強い痛みが続き、歯がダメージを受けてしまうこともあります。

ズレが大きい場合、歯が動き切るまで1つ前のマウスピースを再度装着する必要があります。

マウスピース矯正は1日20時間以上の装着が推奨されておりますので、できる限り守るようにしましょう。

無料カウンセリングを予約する

マウスピース矯正とワイヤー矯正で痛みに違いがある?死にそうで眠れないときは?

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の比較イラスト

マウスピース矯正は、移動する歯に適切な力を加えるため、ワイヤー矯正に比べて痛みが少ないとされています1)。また、マウスピースは、万が一痛みが強い場合取り外すことができます

一方ワイヤー矯正では、ブラケットとワイヤーを使って歯に強い力を加えるため、--矯正開始時や調整時には特に痛みを感じやすいです。

痛みが激しい場合は担当医師に相談

ワイヤー矯正では、強い痛みで「死にそう」「眠れない」という人もいますが、マウスピース矯正でそれほど強い痛みが出ることは基本的にありません。

したがって非常に強い痛みが続く場合は、何らかのトラブルが生じている可能性が高いですので、速やかに歯科医師の診察を受けることをおすすめします。

無料カウンセリングを予約する

マウスピース矯正の痛みへの対処法は?

薬剤のイメージ画像 マウスピース矯正での痛みに対処するには、いくつかの方法があります。
痛みの原因が分からない場合や痛みが収まらず不安な時は、できるだけ早めに医師に相談しましょう。

痛み止めを服用する

マウスピースを初めてつけた時新しいものに交換した際には、歯への圧力で痛みが生じることがあります。

この場合、痛み止めを使うことで、一時的に痛みを軽減することが可能です。
ただし、痛み止めは一時的な使用にとどめ、痛みが続く場合は、歯科医師に相談してください。

歯茎や筋肉をマッサージする

歯や歯茎への血流を確保することを目的に、マッサージが有効な場合があります。

マッサージの方法として、歯茎全体を人さし指で円を描くように優しくマッサージします。特に歯と歯茎の間や歯茎の付け根は、傷つかないよう丁寧に行いましょう。
注意点として、爪を立てずに優しく行うことが重要です。

他には「咬筋」と呼ばれる口を閉じた時にグっと盛り上がるエラの部分にある筋肉や、「側頭筋」というこめかみの上のあたりにある筋肉をマッサージすることで、筋肉の緊張を和らげることもできます。

お風呂の中など体の温まった環境で行うとより効果を感じやすいです。マッサージは間違った方法で行うとかえって痛みを強める可能性もありますので、やりすぎには注意してください。

食事内容を食べやすいもの中心にする

マウスピースを外しての食事で痛みがある場合、柔らかく食べやすい食事に変更しましょう。
マウスピース矯正では、基本的に食事制限はありません

しかし矯正治療を受けている歯は敏感で、特に硬い食べ物噛み応えのあるものを食べると、歯や歯茎に痛みを感じることがあります。

その場合、茶碗蒸しやシチューなどの柔らかい食べ物、おかゆやリゾットのような噛む力が少なくて済む食べ物を選ぶと良いでしょう。
また、食事を一口サイズに切ることで、前歯で噛む際の痛みを避けることができます。

マウスピースを調整する

マウスピースの縁が歯茎や頬に触れて不快感や痛みを引き起こしている場合は、歯科医師がマウスピースの縁を削って調整します。

装着時間が短いことで歯が動き切っていない場合は、1つ前のマウスピースに戻って使用する場合もありますので、使用済みのマウスピースも保管しておくのがおすすめです。

虫歯や歯周病を治療する

矯正中に虫歯や歯周病が悪化すると、痛みや不快感の原因になり得ます。
そのため、矯正治療を始める前にしっかりと検査を受けて治療しましょう。

無料カウンセリングを予約する

マウスピース矯正中の注意点は?痛みを引き起こさないためのポイント

歯科医師が説明するイラスト 本項目では、マウスピースの取り扱いなど、痛みに繋がるポイントについて解説していきます。

マウスピースを頻繁に外さない

マウスピースを外している時間が長くなると、歯が元の位置に戻ろうとする「後戻り」が生じ、矯正治療の効果が低下します。

その結果歯が理想的に動かず、マウスピースとズレが生じます。すると、マウスピースを交換した時に強い痛みが生じます。

マウスピース矯正治療中は、1日20時間以上装着しましょう。
マウスピースを外す必要がある場合でも、その時間を最小限に抑えるように努力が必要です。

市販の痛み止めを繰り返し服用しない

痛み止めは一時的な痛みの緩和には効果的ですが、繰り返し服用することは避けるべきです。
繰り返す痛みの場合、痛みが生じる原因を解決する必要があります。

痛みが強い場合や我慢できない場合は、自己判断で痛み止めを服用するのではなく、歯科医師に相談してください。

できるだけ刺激を与えない

矯正中の歯は動きやすかったり揺れやすかったりして、非常に敏感になっています。
歯や歯茎が気になって、つい触りたくなってしまいますが、歯や歯茎を必要以上に触ることは避けましょう。

歯を過度に触っていると、歯の動揺が強くなり、歯がダメージを受ける可能性があります。

まとめ

特に新しいマウスピースを装着した時など、一時的に痛みを感じることがあります。しかし、痛みが激しい場合は歯科医師に相談しましょう。
痛みが苦手な方に、マウスピース矯正は非常におすすめです。まずは信頼できるスマイルモアにマウスピース矯正の痛みについてご相談ください。

無料カウンセリングを予約する

スマイルモア矯正
開始までの流れ

Process

  • 相談日を予約する(3分)

    少しでも「歯並びを整えたい」と思ったら、ぜひ気軽にご相談ください。

  • 最寄りの医院でお口を詳しくチェック

    詳しい診断のために、最寄りの提携医院で、いろいろな検査をします。

  • 歯科医師が詳細を説明

    歯科医師が、治療後にどんな歯並びになるかや費用の詳細を説明します。気になることがあれば何でも質問できます。

  • スマイルモア矯正を始めるか判断

    スマイルモア矯正を始める場合は、お申込用紙にご記入いただきます。一旦、お家に持ち帰って検討してももちろんOKです。

  • クリニックか自宅でマウスピースを
    受け取り矯正開始

    あなただけのマウスピース装置を製作し、お渡しします。

今はまだ矯正を始めるか決めてないという方でも大歓迎です!
「理想の歯並び」に医師がしっかりサポート。
カンタン60秒で予約できます!
カウンセリングだけでもOK!
無料で今すぐ予約

ご相談はお気軽に

LINEで簡単に相談する

LINE無料相談する
マウスピース矯正のリスクや副作用