【部分矯正の適用範囲】できない例とは?全体矯正の費用・期間と比較!

公開日: 2023/12/02

更新日: 2024/02/22

部分矯正できない例アイキャッチ画像 「歯並びの一部が気になるけれど、部分矯正はできないのかな…」
歯科矯正について調べていくと、そんなことを思いませんか? 今回の記事では、部分矯正ができない例や適用範囲、部分矯正と全体矯正の比較、医院選びのポイントについて解説していきます。
ぜひこの記事を参考に、あなたに最適な矯正治療を見つけ、歯科医師に相談してみてください。

部分矯正ができない例

×を示す女性

部分矯正とは、全体の歯並びや噛み合わせではなく、問題のある部分のみ治療する方法です
全体矯正に比べて治療期間が短く、費用も抑えられる傾向にありますが、全体の歯並びを考慮した上で適切な診断が必要です。

まずは、具体的に部分矯正ができない例を紹介していきます。

歯並びの乱れが大きい場合

歯を並べる場所が足りない場合、部分矯正では"IPR"という歯をわずかに削ることで得られるスペースを利用します。歯並びの乱れが大きい場合、IPRだけではスペース不足するため、部分矯正はできません
この場合、抜歯を含めた全体矯正が第一選択となることが一般的です。

ひどい出っ歯を後ろに引っ込めたい場合

上顎の前歯を大きく後方へ移動させるには、抜歯を含めた歯並び全体の咬合を考えた治療法が求められます。

歯並びが左右非対称な場合

歯並びが左右非対称になる場合の多くは、奥歯のかみ合わせが原因です。そのため、部分矯正はできないことがあります。

噛み合わせが悪い場合

咬み合わせの改善には、上下全体の咬合を調整する必要があります。基本的に部分矯正は困難です。

顎の骨に問題がある場合

顎の骨が小さかったり、ズレが大きかったりする場合、部分矯正だけで対処するのは難しいです。 症状によっては外科治療が必要な場合もあり、部分矯正だけでは対応できません。

歯根の状態が悪い場合

歯根の状態が悪い場合は、矯正治療による歯の移動そのものが難しいです。もちろん部分矯正もできません。

無料カウンセリングを予約する

部分矯正ができる例

〇を示す女性

前歯・八重歯のスペース不足が3mm以内の場合

歯が並ぶのに不足しているスペースが3mm未満であれば、部分矯正は効果的な治療法となります。歯と歯のスペースやIPRで歯の大きさを調整することで、歯並びの改善を図ることが可能です。

不正咬合が軽度な場合

不正咬合が軽度である場合、部分矯正で改善可能なことが多いです。

すきっ歯だが噛み合わせに問題がない場合

咬合が正常であれば、治療は比較的簡単で、部分矯正でも短期間で治療が期待できます。

無料カウンセリングを予約する

【部分矯正or全体矯正】4つの観点から比較!

クリニックに相談

費用の比較

部分矯正は、全体矯正に比べてコストが低く抑えられます。 部分矯正と全体矯正の費用比較 具体的には、ワイヤー矯正では平均70万円、マウスピース矯正では平均50万円全体矯正よりも安くなります
治療が必要な歯が少ない場合や、目立たない部分にのみ矯正をする場合には、部分矯正はお金の面でもベストな選択肢でしょう。

期間の比較

部分矯正は対象となる歯の数が少ないため、全体矯正に比べて治療期間が短くなり、数か月~1年程度のことが多いです。
一方全体矯正は、すべての歯の移動を行うため、治療期間は長くなり1~3年程度が一般的です。

不快感と痛みの比較

部分矯正は、ワイヤーなどが装着されている歯が少なくなります。そのため、全体矯正に比べて治療中の不快感や痛みも少ないです。

対応症例から比較

例えば、前歯が1本だけ出ている場合などの限定的な症例に部分矯正は効果的です。 一方、全体の歯並びや噛み合わせの問題に対応が必要な場合は、全体矯正が必要となることが多いです。

無料カウンセリングを予約する

部分矯正を検討中の方が知っておくべきリスク

歯並びが悪い(影響・リスク)

噛み合わせは改善しないことが多い

部分矯正は特定の歯の移動が目的のため、全体的な噛み合わせの改善は期待できません。

Eラインの大きな変化は期待できない

部分矯正では、Eライン(エステティックライン)に関して大きな変化を期待するのは難しいです。
したがって、顔の輪郭やEラインの大きな改善を求めている場合、全体矯正や他の治療法を検討した方がよいでしょう。

出っ歯になることもある

歯が並ぶスペースが不足しているにも関わらず、部分矯正で無理に前歯を並ると、前歯の突出、すなわち「出っ歯」の状態を引き起こすこともあります。部分矯正で対応可能な歯並びなのか、正しく診断することが重要です。

無料カウンセリングを予約する

部分矯正を選択する基準

部分矯正を選ぶポイント

費用・期間・痛みの程度

全体的な矯正に比べて「安い・短い・痛みも少なめ」という三つの要素は魅力的です。

そのため、

・金銭的に全体矯正をする余裕がないが、どうしても気になる部分の矯正をしたい人
・どうしても短期間で矯正を終える必要がある人
・矯正による痛みをできるだけ味わいたくない人

といった人には非常におすすめです。

リスクの理解・許容

前述したように部分矯正は、費用が低く、治療期間が短い、痛みが少ないという利点がありますが、噛み合わせが治らなかったり、歯を削ったりする必要があります
治療前に歯科医師と十分に話し合い、どのようなリスクがあるかを理解することが重要です。

自分の優先順位

・経済的に高額を支払えない場合
・忙しくて歯科矯正に時間がかけられない場合
・噛み合わせの改善よりも、見た目の改善を重視する場合

このような場合、部分矯正が適しているといえます。
重要なのは、自分が何を優先したいかを理解し、自分なりの基準に基づいて治療方法を選択することです。後悔のない選択をするためには、自分のニーズと治療の特性を照らし合わせ、適切な判断を下すことが求められます。

無料カウンセリングを予約する

部分矯正の具体的な方法

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の比較イラスト

ワイヤー部分矯正

部分矯正における「ワイヤー矯正」は、前歯の歯並びを整えるのに適しており、矯正期間も比較的短いことが多いです。

ワイヤー部分矯正の種類

表面部分矯正:金属製のブラケットを使用し、ワイヤーで歯を動かしていくクラシックな方法です。
裏側部分矯正:歯の裏側にブラケットを装着する方法で、外からはほとんど見えません。

メリット

・全体矯正に比べると、器具が一部分になるためお手入れがしやすい
・取り外す必要がなく自己管理が不要
・患者さんそれぞれの歯並びに合った細かい調整ができる

デメリット

・表側部分矯正の場合、口を開いた時に他人から矯正器具が目立つ
・矯正器具周辺は歯磨きがしづらく、むし歯や歯周病になるリスクが高まる

マウスピース部分矯正

透明なマウスピースをつけて歯を徐々に動かしていく矯正方法です。
1日20時間以上装着し、1週間~10日など定期的にマウスピースを交換し、歯を矯正していきます。

メリット

・透明な素材のため、つけていても目立たない
・取り外しができるため、歯磨きなどのお手入れがしやすい
・ワイヤー矯正と比べると痛みが少ない

デメリット

・毎日20時間程度の装着が必要なため、自己管理次第で効果が変わる
・慣れるまでは発音しにくい感じが出る

無料カウンセリングを予約する

部分矯正を受けない医院もある

クリニックで患者に説明している画像

部分矯正を取り扱わない医院の理由

多くの矯正歯科医師は、全体の歯を理想的な位置に動かし、噛み合わせの改善を目指すという理念のもと治療を行っているためです。
部分矯正は、この理念に適合しないため、一部の医師は部分矯正を妥協した治療と見なし、治療を行わない医院もあります。

部分矯正を取り扱う医院の理由

部分矯正を行う医院の主な動機は、とりあえず見た目を改善したいという人々の要望に応えることにあります。
軽度な歯並びの問題に対して、全体矯正よりも手軽でコスト効率の良い治療法として部分矯正が選ばれます。前述したように審美治療としての側面も強く、見た目の改善を最優先する人にとっては、部分矯正が理想的な選択となります。

まとめ

部分矯正は、全体矯正よりも短期間で費用も安いことが多いです。しかしながら、すべての人に適用できるわけではありません。 今回の記事で、部分矯正ができるのか?全体矯正の方が良いのか?を判断する参考にしてください。まずは、信頼できる歯科医院に相談することをおすすめします。

無料カウンセリングを予約する

スマイルモア矯正
開始までの流れ

Process

  • 相談日を予約する(3分)

    少しでも「歯並びを整えたい」と思ったら、ぜひ気軽にご相談ください。

  • 最寄りの医院でお口を詳しくチェック

    詳しい診断のために、最寄りの提携医院で、いろいろな検査をします。

  • 歯科医師が詳細を説明

    歯科医師が、治療後にどんな歯並びになるかや費用の詳細を説明します。気になることがあれば何でも質問できます。

  • スマイルモア矯正を始めるか判断

    スマイルモア矯正を始める場合は、お申込用紙にご記入いただきます。一旦、お家に持ち帰って検討してももちろんOKです。

  • クリニックか自宅でマウスピースを
    受け取り矯正開始

    あなただけのマウスピース装置を製作し、お渡しします。

今はまだ矯正を始めるか決めてないという方でも大歓迎です!
「理想の歯並び」に医師がしっかりサポート。
カンタン60秒で予約できます!
カウンセリングだけでもOK!
無料で今すぐ予約

ご相談はお気軽に

LINEで簡単に相談する

LINE無料相談する
マウスピース矯正のリスクや副作用